相模原JC 理事長ブログ

(公社)相模原青年会議所 第53代理事長の小山龍次です。私たちの活動を広く発信するために、理事長ブログを開設しました。ぜひ、ご覧下さい!

8月例会 理事選挙

 

本日は長崎の原爆記念日

 

f:id:sagamiharajc:20180809155939j:image

 

当初、北九州の小倉に投下する目的で飛び立ったB-29の編隊は、天候を理由に急きょ目標とする都市を長崎に変更したと言われています。

 

そして、投下された原子爆弾は8月9日午前11時2分に長崎市の上空にて炸裂し、一瞬にしてまちは廃墟となり約7万4千人の尊い命が奪われました。

 

そんな長崎の焼け野原にレンガ造りの残骸でぽつりと残された、もう一つの原爆ドームと呼ばれる遺構がありました。

 

f:id:sagamiharajc:20180809155957j:image 

古くからキリシタンの聖地と言われていた浦上天主堂です。

 

 

原爆で破壊されましたが、かろうじてレンガ造りの壁だけは残されました。原子爆弾の被害を後世に残すべく、地元では保存を求めていましたが戦後13年目に急きょ取り壊されて、再建されます。

 

長崎の原爆ドームとして残されなかったのは、謎が残るところです。欧米人にとって心の拠り所となる教会を自ら原爆で破壊してしまった事、聖母マリア像の焼け焦げた姿を残されるのは都合が悪かったのでしょうか。

 

f:id:sagamiharajc:20180809160657j:image

 

もし現在でも残されていたら、きっと世界遺産となっていたことでしょう。

 

このような過去もすべて私たちは未来の子ども達に伝えていかなければならないし、長崎がこの世で最後に原子爆弾が投下された都市として、核兵器の恐ろしさと加害国の責任を語り継がねばなりません。

 

 

さて、本日は8月例会。

 

の前に、いつもの正副理事によるニューフロンティア戦略会議。

 

f:id:sagamiharajc:20180809204709j:image

f:id:sagamiharajc:20180809204716j:image

 

今日も副理事長たちは元気です。

 

 

さて、本日は理事選挙当日。

 

f:id:sagamiharajc:20180809210353j:image

 

17名の勇気あるメンバーが次年度の理事として、立候補してくれました。一人ひとりの「覚悟」を持った真剣な立候補表明。

 

f:id:sagamiharajc:20180809210434j:image

 投票という権利を行使する正会員たち。

 

f:id:sagamiharajc:20180809220750j:image

 

無事に次年度理事候補者が決まりました。

12月の総会を経て正式な理事となる予定です。

 

 

本日は3名の新入会員が認承されました。

次年度モードが始まりそうですが、またまだ拡大のエンジンも全開で行きます‼️

 

 

 

 

 

f:id:sagamiharajc:20180809211531j:image

 

f:id:sagamiharajc:20180809220918j:image